褒められて嬉しかった!

私は美容やオシャレに気を使わない性格で、専門学校入学と同時に身だしなみに気を付ける様になりました。

その時友達の手元を見るととてもきれいな手をしているのが目につきました。専攻している科目が調理ということもあり、ネイルや指輪などのアクセサリーは禁止でしたが、とてもきれいな手をしていたのを覚えています。

しかも1人の友達だけでなく何人もの友達が同じようにきれいな手をしていました。こっそり自分の手と見比べていると、一番目についたのが指のムダ毛でした。私が指のムダ毛が気にしだした時、実習中に女性の先生からこっそり「実習中にもしかしたら混入するかもしれないから指の毛は剃った方がいいかもね」と言われました。

私はそれを機に指のムダ毛を剃り、初めて手入れというものをしました。

最初は先生の言葉がきっかけでしたが、初めて「手がきれいだね。」と言われたのが嬉しくて忘れられず、今では少しでも生えてると気になってしまい、そのたびに手入れしています。なので今現在でも友達や職場の方に「手とか指がきれいだよね。」と言われます。私のちょっとした自慢です。

これからもきれいな手と言ってもらえるように指のムダ毛の手入れを頑張っていきたいと思います。

このページの先頭へ戻る